アリ地獄ならぬキャッシング地獄にご注意

ちょっと現金が足りなくて、お金ができたらすぐ返そうと手を出したキャッシング。
契約の時に、そんなに枠を大きくしてもらわなくてもと思っていたはずが、
1万円、2万円、また1万円と繰り返していくうちに限度枠いっぱいまで借りてしまいました。
毎月最低返済額をきっちり返し続けたところで、元本はせいぜい5,000円ずつくらいしか減らず、
少し減ったと思ったところでまたお金が足りなくて、返済のために借りてしまう。
次第に返済のために別の会社でキャッシングをして、またそこも限度枠いっぱいになり…。
キャッシングはまるでアリ地獄のような世界で、一度落ちてしまうとかなりまとまった収入か、
絶対返済するという強い意志がないと抜け出せないものなのかもしれません。
そして、一度安易に借金に手を出してしまうと、なかなか治らないのが借金癖でもあります。
毎月返済の日が近づくたびに、今月は支払えるだろうかと心を痛めるというのに、
収支のバランスも考えず、また安易に借りてしまう。
出家でもして俗世の欲を捨てない限り、一度はまったキャッシング地獄から抜け出せないのかもしれません。